剣道アプリ 上達テクニック伝授

剣道アプリ 上達テクニック伝授

【剣道初心者必見アプリです!】
剣道上達の極意を教えちゃいます。

▼まずはルールをしっかり覚えましょう。
剣道のルールは曖昧で熟知していればより勝利に近づきます。
ルールは特集記事、また検定問題でも取り扱っています。
なかなか読むだけでは覚えられないルール。検定問題を解いて覚えましょう。

▼上達極意の記事を読みましょう
上達へ繋がる素振り、練習方法を取り扱っています。
基本と言われる切り返しの種類をご紹介。またトレーニング方法、季節別練習の組み方など豊富に記事をご用意しています。是非熟読してください。

▼Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=tu.mu.gu36

▼剣道とは
一般的な「剣の道」や剣を使った競技という意味では無く、全日本剣道連盟が定義した物を指す。古武道剣術のうち江戸時代後期に発達した防具着用の竹刀稽古(撃剣)を直接の起源とする。江戸時代末期(幕末)には流派を超えて広く試合が行われるようになった。明治時代以降、大日本武徳会が試合規則を定め競技として成立した。複数の流派が集まって成立したため、柔道の嘉納治五郎のような特定の創始者は存在しない。太平洋戦争後に大日本武徳会は解散し、その後発足した全日本剣道連盟が事業を継承している。
現代の剣道は事実上スポーツにも分類されるが、全日本剣道連盟は「剣道は剣道具を着用し竹刀を用いて一対一で打突しあう運動競技種目とみられますが、稽古を続けることによって心身を鍛錬し人間形成を目指す「武道」です。」としている。

▼技
・小手を打つ技
(小手打ち、引き小手打ち、出小手)
・面を打つ技
(面打ち、引き面打ち、小手面打ち)
・面の喉当てを突く技
(突き)
・胴の胸当てを突く技
(胸突き)
・胴の右側を打つ技
(胴打ち、引き胴打ち、抜き胴)
・胴の左側を打つ技
(逆胴打ち)

【当アプリで掲載している動画や画像の著作権や肖像権等について】

当アプリで掲載している動画や画像の著作権や肖像権等は、各権利所有者に帰属します。万が一問題がある場合は、お問い合わせよりご連絡いただけますよう宜しくお願い致します。

運動カテゴリの最新記事