建築士 ~建築基準法 法規 一級問題対策 2021 過去問題 解説付き 一問一答~

建築士 ~建築基準法 法規 一級問題対策 2021 過去問題 解説付き 一問一答~

\全755問搭載、全問解説無料!/

一級建築士試験対策アプリです。
分野別に過去問題を収録。
一問一答形式で解説がすぐに出るので通勤通学時に便利。
全問解説付きで無料で解くことができます。

▼Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=tenju.m07

▼ios
https://apple.co/2PLFs1M

▼本アプリ取り扱い過去問題/収録問題数
●分野別問題
・令和元年~平成27年 学科問題
・計画 100問
・環境/設備 100問
・法規 150問
・構造 150問
・施工 130問
全630問

●実践問題
令和2年度過去問題

▼一級建築士とは
国土交通大臣の免許を受け、一級建築士の名称を用いて、設計・工事監理等の業務を行うものである(建築士法第2条第2項)。
次のような設計・工事監理に複雑・高度な技術を要する建築物を含むすべての施設の設計および工事監理を行うことができる(建築士法第3条)。
・学校・病院・劇場・映画館・公会堂・集会場・百貨店の用途に供する建築物で、延べ面積が500 m2を超えるもの
・木造建築物または建築の部分で、高さが13 mまたは軒の高さが9 mを超えるもの
・鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、れん瓦造、コンクリートブロック造もしくは無筋コンクリート造の建築物または建築の部分で、延べ面積が300 m2、高さが13 m、または軒の高さが9 mを超えるもの
・延べ面積が1000 m2を超え且つ階数が2階以上のもの

▼受験資格
建築士法の改正に伴い、2009年度入学の学生からは、同じ学校の同じ学科や職業訓練施設の課程を卒業したとしても、指定科目の履修状況と単位の取得状況によりそれぞれ必要な建築実務の経験年数が異なることとなった。
具体的には、四年制大学、防衛大学校、職業能力開発総合大学校長期課程又は職業能力開発総合大学校東京校応用課程の卒業者、高等専門学校(本科と専攻科)、職業能力開発大学校(応用課程の卒業者)、専修学校(修業年限が4年であるもの)で単位数により卒業後2年以上から4年以上、短期大学(修業年限が3年であるもの)で単位数により卒業後3年以上から4年以上、短期大学、高等専門学校(本科)、職業能力開発総合大学校(専門課程のみの卒業者)、職業能力開発大学校(専門課程のみの卒業者)、職業能力開発短期大学校で卒業後4年以上の実務経験が必要と定められた。

▼合格率
10%程度

資格カテゴリの最新記事